ファッション関係の仕事とは

ファッションに関わる仕事、と聞くとなんとなく、お洒落なかっこいい仕事というイメージを持つ人も多くいます。綺麗な百貨店やデパートで、お洒落な洋服を身にまとって接客する販売員を連想する人も多いでしょう。
しかしファッション関係と一重に言っても、たくさんの仕事があるのです。イメージしやすいデパートの販売員も、ファッション関係のお仕事のひとつですが、販売される服をデザインする人も、そしてデザインされたものを作る人も、そして販売する人も、全てファッション関係のお仕事です。洋服や小物、身にまとう物にも様々な種類がありますが、洋服が作られて、それが消費者の手元に届くまでには、いくつかの行程があり、その全てに関わる人は皆ファッション関係の仕事と言えるでしょう。

洋服に限ったことではなく、それは和服でも紳士服でも学生服でも、同じです。身にまとう衣類というのはたくさんの種類があり、その種類によって作り方も違えば販売の仕方も違うので、ファッション関係という括りの中には、たくさんの仕事が関わってくるのです。一般的に、アパレル関係と呼ばれることが多いですが、アパレルというのは身にまとう外装のことを指します。しかし今では、外装のみならず、下着や靴下、帽子やベルトなど様々な小物なども含めてアパレル関係と呼ばれることが多いです。

そのようなアパレル関係の仕事をする人はもちろん、ファッションに関する知識がないと出来ませんし、流通の流れを把握してなければ勤まりません。また同様に、その様々な過程で求められる人材も変わってきます。派遣やアルバイトのお仕事でよくアパレル販売員募集の記事などを見かけますが、販売員の仕事をする人は、そのブランドやお店の洋服が好きでなければ販売できません。一般企業で言うならば営業マンのようなスキルが必要です。販売する物の良さや素晴らしさを伝え、消費者に似合う商品を提案し、購入してもらうことが仕事です。販売員は、販売するだけでなく、季節やシーズンごとに仕入れた商品の棚卸しや、日々の売り上げの清算、在庫の確認など、販売以外にもやることがたくさんあります。販売員として日中は立ちっぱなしの仕事で接客をし、尚かつ営業時間外にも付随業務があるわけですから、簡単な仕事ではありません。
でも、そのブランドやお店の商品にこだわりを持っていたり、洋服が好きだという気持ちがあればきっと魅力的な仕事に違いありません。同様に、デザインをする人、パターンをおこして布を裁断する人、卸売り業者の人など、一枚の洋服に関わる全ての人にとって、言えることです。